子供が上手く休息できないわけとは?

子供には早寝早起きをして欲しいけど、なかなか寝付けない様子…。
そんなお悩みを持つご両親はとても多いです。 上手に休息ができないと日中の集中力低下を招き、学習効率や集中力を落としてしまうことに。 子供の休息を妨げる3つの原因について知り解消に導いてあげましょう!

夜更かしなどの生活習慣

睡眠中には記憶の整理や脳の休息が促され、成長ホルモンが分泌されます。
夜更かしをする記憶の整理がつかず、脳が十分な休息を取ることができないため、学習効率が落ちたり、脳の機能低下から感情の起伏が激しくなってしまったりと 子供の日常生活に支障をきたすようになるんです。
さらに成長ホルモンの分泌量が落ちるため、なかなか背が伸びないなんてことも。

・まずは早起き習慣を始める
・朝日をしっかりと浴びて、朝食を食べる
・お昼寝をしている場合は多くても3時間程度に減らす
・日中に体をたくさん動かす
・夜ごはんは就寝2時間前まで、お風呂は1時間前までに
・就寝前のテレビ・スマホは禁止にする


など、体が夜になると眠りたくなる状態になる習慣作りから始めてみてください。

夜更かしなどの生活習慣

睡眠中には記憶の整理や脳の休息が促され、成長ホルモンが分泌されます。
夜更かしをする記憶の整理がつかず、脳が十分な休息を取ることができないため、学習効率が落ちたり、脳の機能低下から感情の起伏が激しくなってしまったりと 子供の日常生活に支障をきたすようになるんです。
さらに成長ホルモンの分泌量が落ちるため、なかなか背が伸びないなんてことも。

・まずは早起き習慣を始める
・朝日をしっかりと浴びて、朝食を食べる
・お昼寝をしている場合は多くても3時間程度に減らす
・日中に体をたくさん動かす
・夜ごはんは就寝2時間前まで、お風呂は1時間前までに
・就寝前のテレビ・スマホは禁止にする


など、体が夜になると眠りたくなる状態になる習慣作りから始めてみてください。


ストレス

心理的なストレスは意識を高ぶらせる交感神経を優位にさせ、リラックスしている時に優位に働く副交感神経を抑えてしまいます。 年代・環境によって子供の抱えるストレスは違ってくることでしょう。 両親の関係が悪かったり、両親の帰宅時間が遅かったりすることも心理的・身体的なストレス原因になります。

小学生…集団行動の中で自分だけが上手くできないことがある
中学生…先生・部活動・先輩との関係、スマホ関連の繋がり方でのストレス
高校生…将来の進路に関する不安、異性との交際などでのストレス

子供がどんなことで悩んでいるのか、日頃のコミュニケーションで探り注意深く見守るようにしたいですね。

ストレス

心理的なストレスは意識を高ぶらせる交感神経を優位にさせ、リラックスしている時に優位に働く副交感神経を抑えてしまいます。 年代・環境によって子供の抱えるストレスは違ってくることでしょう。 両親の関係が悪かったり、両親の帰宅時間が遅かったりすることも心理的・身体的なストレス原因になります。

小学生…集団行動の中で自分だけが上手くできないことがある
中学生…先生・部活動・先輩との関係、スマホ関連の繋がり方でのストレス
高校生…将来の進路に関する不安、異性との交際などでのストレス

子供がどんなことで悩んでいるのか、日頃のコミュニケーションで探り注意深く見守るようにしたいですね。


低血圧など

もし子供が朝に弱く、なかなか布団から出られない場合は低血圧を疑ってみましょう。 低血圧に気が付いてあげられず、頭ごなしに「なぜ早起きできないのか、その歳になって恥ずかしくないのか」など叱り付ければ子供にとって心理的に大きなストレスとなります。 本人だって起きられるものなら、起きたいのです。

さらに低血圧が原因で体と頭が疲れやすく、なかなか物事に集中できない傾向があります。 当たり前のことができない自分はダメな人間だと自分を追いつめてしまい、決して良い心理状況とは言えません。 朝に起きられない、夜にしっかり眠れない、集中力が持たないという悪循環によりうつ病に発展するケースもあります。 低血圧の改善に繋がる運動・食事内容・寝る時間、起きる時間をなるべく一定にするなどの工夫で低血圧と上手に向き合えるよう指導してあげてください。

低血圧など

もし子供が朝に弱く、なかなか布団から出られない場合は低血圧を疑ってみましょう。 低血圧に気が付いてあげられず、頭ごなしに「なぜ早起きできないのか、その歳になって恥ずかしくないのか」など叱り付ければ子供にとって心理的に大きなストレスとなります。 本人だって起きられるものなら、起きたいのです。

さらに低血圧が原因で体と頭が疲れやすく、なかなか物事に集中できない傾向があります。 当たり前のことができない自分はダメな人間だと自分を追いつめてしまい、決して良い心理状況とは言えません。 朝に起きられない、夜にしっかり眠れない、集中力が持たないという悪循環によりうつ病に発展するケースもあります。 低血圧の改善に繋がる運動・食事内容・寝る時間、起きる時間をなるべく一定にするなどの工夫で低血圧と上手に向き合えるよう指導してあげてください。