Lーテアニンの秘密

休息効果があるとして有名なLーテアニンですが、効果はそれだけではありません。
そもそもテアニンとはどんな成分なのか、休息効果以外の効果について(ストレス緩和・集中力アップ・PMS(月経前症候群)の軽減など)テアニンが注目される秘密に迫ります。

Lーテアニンの正体とは?

Lーテアニンは一言で表すと、お茶のうま味成分です。 お茶を飲むと何だか気分がホっと安らぐことはありませんか? それはお茶に含まれるアミノ酸物質Lーテアニンの働きだったんです。

Lーテアニンを摂取するとぐっすり眠れるその秘訣

テアニンには脳の興奮を抑えて神経を沈静化する効果があり、良質な睡眠を叶えやすくなると言われています。 L-テアニンを200 mg含む錠剤を6日間、就寝1時間前に毎日服用してもらったところ、プラセボ(偽擬似薬)と比較して、睡眠途中で起きてしまう時間が短くなり、 起床時のリフレッシュ感が高いことが確認されています。 テアニンはアミノ酸つまり、食品の1種なので薬とは違い自然な形で質の高い睡眠を促してくれるんです。 熟睡できずにお悩みの方はテアニン効果をお試しあれ。

Lーテアニンの正体とは?

Lーテアニンは一言で表すと、お茶のうま味成分です。 お茶を飲むと何だか気分がホっと安らぐことはありませんか? それはお茶に含まれるアミノ酸物質Lーテアニンの働きだったんです。

Lーテアニンを摂取するとぐっすり眠れるその秘訣

テアニンには脳の興奮を抑えて神経を沈静化する効果があり、良質な睡眠を叶えやすくなると言われています。 L-テアニンを200 mg含む錠剤を6日間、就寝1時間前に毎日服用してもらったところ、プラセボ(偽擬似薬)と比較して、睡眠途中で起きてしまう時間が短くなり、 起床時のリフレッシュ感が高いことが確認されています。 テアニンはアミノ酸つまり、食品の1種なので薬とは違い自然な形で質の高い睡眠を促してくれるんです。 熟睡できずにお悩みの方はテアニン効果をお試しあれ。


Lーテアニンを摂取すると学習効率・集中率が上がるその秘訣

摂取したテアニンが血液脳関門を通過し脳内に入り、神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンの濃度を変化させることで学習効率・集中力をアップさせると考えられています。

実際にテアニン摂取後から徐々に正解率・反応時間が格段によくなることがデータによって示されています。
検定試験・受験勉強の際に役立てる方も多いのだとか。

Lーテアニンを摂取すると学習効率・集中率が上がるその秘訣

摂取したテアニンが血液脳関門を通過し脳内に入り、神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンの濃度を変化させることで学習効率・集中力をアップさせると考えられています。

実際にテアニン摂取後から徐々に正解率・反応時間が格段によくなることがデータによって示されています。
検定試験・受験勉強の際に役立てる方も多いのだとか。


更年期障害・PMS(月経前症候群)の軽減にLーテアニンが効く秘訣

テアニンは、高いリラックス促進効果から月経前や更年期障害に特有のイライラ、憂鬱といった感情の起伏・集中力の低下・疲れやすさ・むくみなどの症状緩和効果を持ちます。

20~49歳の女性20名に生理前10~14日に渡ってテアニンを摂取してもらったところ、約7割の方が「PMSが緩和された・気にならなくなった」と回答しています。

更年期障害・PMS(月経前症候群)の軽減にLーテアニンが効く秘訣

テアニンは、高いリラックス促進効果から月経前や更年期障害に特有のイライラ、憂鬱といった感情の起伏・集中力の低下・疲れやすさ・むくみなどの症状緩和効果を持ちます。

20~49歳の女性20名に生理前10~14日に渡ってテアニンを摂取してもらったところ、約7割の方が「PMSが緩和された・気にならなくなった」と回答しています。


ストレス・緊張の緩和にLーテアニンが効果的な秘訣

テアニンには、脳の興奮を抑えて自立神経を落ち着かせる働きがあります。 とあるデータではテアニン200㎎を摂取した40~50分後にα波(脳がリラックスしている時にでる波)が増加することが確認されています。 大切なプレゼンなのにいつも緊張し過ぎて上手くいかない方、大切な試験前になると緊張でお腹が痛くなってしまう方など、緊張緩和に役立ててみてはいかがでしょうか?

色々なシーンで役立つテアニンは大人~子供まで強い味方になってくれます。 ぜひ上手に取り入れてみてくださいね♪

ストレス・緊張の緩和にLーテアニンが効果的な秘訣

テアニンには、脳の興奮を抑えて自立神経を落ち着かせる働きがあります。 とあるデータではテアニン200㎎を摂取した40~50分後にα波(脳がリラックスしている時にでる波)が増加することが確認されています。 大切なプレゼンなのにいつも緊張し過ぎて上手くいかない方、大切な試験前になると緊張でお腹が痛くなってしまう方など、緊張緩和に役立ててみてはいかがでしょうか?

色々なシーンで役立つテアニンは大人~子供まで強い味方になってくれます。 ぜひ上手に取り入れてみてくださいね♪